4942型

1/2インチ 6 Hz~16 kHz 偏極型拡散音場マイクロホン

一般的なランダム入射場の測定やANSI規格に準拠した標準的な騒音測定用

見積もり依頼
偏極型の 4942 型拡散音場 1/2インチマイクロホンは、一般的なランダム入射場の測定や ANSI 規格に準拠した標準的な騒音測定に適しています。偏極型であるため、CCLD入力に接続できます。

使用事例

  • 拡散音場測定
  • 車室内測定
  • 多湿環境

拡散音場マイクロホンの用途

拡散音場マイクロホンは、ランダム入射マイクロホンとも呼ばれていますが、あらゆる方向から音波が同時に到達する音場で周波数応答がフラットになるよう設計されています。そのため、残響室だけでなく、拡散性を有する空間や、複数の音源から構成される音場であれば使用できます。実際の例としては、壁、天井、物体で音が反射される室内や、車室内の測定が挙げられます。

堅牢性

4942型マイクロホンは、IEC 68–2–32 の1m落下テストに耐えうる堅牢性を持っています。

校正

4228型ピストンホンに 1/2インチアダプター DP-0776 を取付ければ、250 Hz で感度を校正できます。アクチュエーター応答は、アクチュエーター UA-0033 で計測できます。ランダム入射応答は、型固有のランダム入射補正をアクチュエーター応答に加えることにより得られます。なお、このマイクロホンは音圧音場の測定には適していませんのでご注意下さい。

Capacitance
14 pF
Diameter
1/2
Dynamic range
14.6 – 146 dB
Frequency range
6.3 – 16000 Hz
Inherent noise
14.6 dB A
Lower limiting frequency -3dB
4 Hz
Optimised
Diffuse Field
Polarization
Prepolarized
Polarization voltages
V
Pressure coefficient
-0.01 dB/kPa
Sensitivity
50 mV/Pa
Temperature coefficient
-0.006 db/ºC
Temperature range
-40 – 150 C
Venting
Rear
Weight
gram
Sound field
Diffuse-field
Microphone type
Diffuse Field