2981型

CCLD レーザータコプローブ

回転運動または往復運動をする機械部品の非接触速度測定用に設計されています。

見積もり依頼

回転運動または往復運動をする機械部品の速度を非接触測定するために設計されています。 2981型はシャフトの回転ごと、または機械部品のサイクルごとに電圧パルスを生成します。

使用事例

  • 回転速度の非接触測定
  • 回転運動または往復運動する機械要素と測定機器との同期
  • 風力タービンおよび船舶推進装置向け 0 RPM *までの低速度測定
  • スーパーチャージャー測定のための最大300,000 RPMまでの高速測定
  • 狭い場所での測定に適した小型設計

2981型は、付属のQS-0056のような再帰反射テープを併用して試験対象物から1.5〜70 cmの距離に設置することにより、プローブが可動部品やその他の危険な環境と接触しないように安全に分離させることができます。