吸音性能の車内音および車外騒音規制への影響と課題

新型コロナ感染拡大に伴い、オンラインでの開催とさせていただきます。

お申し込みはこちら

セミナーでは、防音材開発の成果と課題で、講師が在職時代の車内音、車外騒音規制対策としての「防音材開発で得たもの、やり残した課題」を紹介する。

 

セッション1, 『吸音性能を有した防音材開発の成果と課題を振り返る』

吸音性能と遮音性能をハイブリッドにした防音材を初めて開発車両へ導入した。新規の材料導入の成果、課題について考え、新時代のEV車、自動運転などへの適用も推測してみる。

②『車外騒音への吸音性能の影響、フロア下面吸音材および吸音全般について振り返る』

タイヤ騒音低減に有効なボデー側対応策として車両床下吸音が効果的である。アンダーカバー吸音構造を含む床下吸音、吸音フェンダーライナー、ヒートシールドの吸音化などの成果、今後の課題について考える。さらに吸音性能の影響全般について課題をまとめる。

セッション2, 『NV開発(車内音&車外騒音)に関連するディスカッション』

車内+車外騒音開発で長年担当されていた 元三菱自動車工業の秋好靖二様とセッション1話題とNV車両開発、特に車外騒音規制強化に関する話題について意見交換する。

 

 

対象: 騒音・振動計測の基礎知識を有し、自動車のNV開発にご関心のある方

コース内容詳細
開始時間
11 Nov 2022 10:00
お申込み期限
28 Oct 2022
期間
1日
種類
Virtual
参加費
30,000円

PULSE保守ユーザ様は、¥20,000(税別)です。お申し込みの際、コメント欄にHost IDをご記入ください。
講師
振動騒音、音響コンサルタント(元トヨタ自動車) 溝上 喜美男
言語
日本語