Production testing systems help ensure consistent production quality

生産ライン品質保証検査

有効な生産ライン検査は、消費者ニーズを確認し、製品のブランド価値を保ち、生産効率を上げ、研究開発での期待値との整合性を確認できます。それにより、投資対効果を明確にし、製品品質の統一性の確約、欠陥の原因の軽減に寄与します。

生産ラインにおいて生産品質は重要です。1年に1つの衛星を製造するか、数千もの航空機エンジン、または何百万ものマイクロチップを製造するかどうかに関わらず、完成品は研究開発や顧客の期待に応える必要があります。もし、達成できなければ、低収益、製品の安全性への懸念、リコールにかかるコスト、保証クレーム及びブランドへのダメージが発生するリスクがあります。

効果的な品質保証(QA)は、開発研究で達成するべき性能を製品が満足しているかが重要です。設計値からある程度の偏差は、製品性能としては影響がなく許容値内と判断します。ただし、許容値外であれば、製品やシステム性能に影響する可能性があり、また、ユーザーの安全衛生に危害を加える可能性があります。

生産台数、生産ラインの複雑さやタクト時間に対応

生産ラインの生産台数、検査のタクト時間、不具合の結果解析等に依存して検査方法を選択します。数千のコンポーネントやサブアッセンブリーの検査を、毎日実施しますか?それとも年に数回ですか?購入した部品が要求仕様に合致しているかを確認するために検査を実施しますか?インライン検査は、生産ラインのボトルネックになり、オフライン検査が必要ですか?それぞれのアイテムに検査が必要ですか?それとも抜き取り検査がより費用的に効果的ですか?期待している結果や検査に依存して、自動化、標準化、より詳細な解析結果の提示が可能です。

  • 大量生産品の抜き取り検査
    生産台数が多く、比較的安価な製品(スマートフォン、スピーカーやブザーなど)は、割合による簡便な合否判定検査が効率的です。プロセス連鎖を向上させ、トレンドを把握するためのデータと組み合わせることは、より効率的です。
  • 各部品の全数検査
    生産台数が多く、比較的安価な製品(ギアなど)は、加工機の摩耗が問題となるため、合否判定は全数に対して実施する事が効果的です。結果は、プロセス連鎖を向上させ、トレンドを把握するためのデータと組み合わせることができます。
  • 生産台数がある程度限られた場合の詳細の検査
    高い価値でより複雑な製品(テレビ、自動車部品など)で、不具合時には製品を廃棄せずに修復する場合は、より詳細な検査を実施し、特に時間をかけ製品状況を把握します。
  • 生産台数が少なく、製品価値が高い場合の検査
    とても高い価値の製品、特に歩留まり率が最優先課題の場合(例えば、衛星や半導体製造ライン)、検査は多くの時間を割き、非常に詳細な状況を把握できます。

各シナリオは、最良のコストメリットと品質レベルを達成するために必要な選択肢があります。

ブリュエル・ケアーは、お客様の要求に対して実績のあるシステムを提案し、お客様の製造ラインや目標に最も適した個々の要求に合わせたカスタマイズできます。

  • Explore our solutions for testing automotive components on the production line
    自動車コンポーネントの製造検査

    自動車部品の製造プロセスで品質解析および振動製品検査を統合することは、生産性を最大限にし、費用対効果を高め、パワートレイン全体の品質や客先要件を確実なものにします。