Acoustical arrays rapidly produce detailed noise maps of kinds of noise sources

音源探査

エンジニアは、特定の部品に騒音の発生源をたどることで、より正確に騒音軽減目標を定めることができます。

騒音を低減する、完全に除去できない場合でも騒音を理解し最適化するのは、非常に重要です。音響専門家はブリュエル・ケアーの音源探査(NSI)装置を使用して、騒音問題を診断、可視化して、理解、解決することができます。エンジニアは、特定の部品に騒音の発生源をたどることで、より正確に騒音軽減目標を定めることができます。

Moving source beamforming

特定、軽減、最適化

ハイドロホンから最大144チャンネルの屋外用アレイに至る様々なツールを用いて騒音源、音響的なホットスポットや漏れの箇所を特定して初めて、影響の大きな副次騒音源を識別し、特徴抽出することが可能になります。このような順位づけは、全体の音響パワー放射、またはある周波数成分など特定の騒音成分を最も効率よく低減できる対策箇所を判断するのに役立ちます。騒音の低減は、全体構造から騒音源を低減、減衰、もしくは切り離すことにより実現できます。

製品開発の設計とプロトタイプ段階でNSIツールを繰り返し使用することで、製品の全体的な騒音プロファイルを最適化することができ、指定された騒音制限や規制の適切な遵守が保証されます。

色分けされた騒音マップ

計測環境が変われば、音源探査に求められる機能も変わります。航空機の客室内などでの早期の「スナップショット」測定には、できるだけ速く結果を得るために、設置しやすい機器が要求されます。ソフトウェアは、音の値を、解釈しやすい高解像度の騒音マップに色分けして表示します。補聴器のように細かく詳細な計測が求められる場合、音響ホログラフィが高解像度の結果を与え、風洞内の自動車などの大きな物体や離れて計測する場合は、ビームフォーミングが迅速に騒音の寄与を識別します。風力発電タービンや飛行中の航空機などの移動する物体は、移動音源ビームフォーミングを使用して音響的にマッピングすることが可能です。