Construcción - Estación Twickenham

ロンドン市民を建設騒音から守る

Twickenham駅改築工事の際、アウトソースによるモニタリングソリューションが、法令順守を確実にし、利害関係者に対しウェブベースのインターフェースに情報を公開しました。

London Borough of Richmond upon Thames Logo

2015年のラグビーワールドカップが騒音に敏感な周辺住民を苛立たせる以前のイギリス、ロンドン南西に位置するTwickenham駅の改装プロジェクト。アウトソースによるモニタリングソリューションが、法令順守を確実にし、利害関係者に対しウェブベースのインターフェースに情報を公開しました。周辺地域と建設会社がデータを共有することで信頼関係を築くことができ、苦情が減り、遅延や罰金の回避に役立ちました。

課題

Twickenham駅周辺住民は絶えず騒音に悩まされてきました。別の建設プロジェクトでも、ロンドン特別区リッチモンドの担当者は、プロジェクトの騒音が許容レベル内に収めることを保証するシステムを模索していました。

ソリューション

ブリュエル・ケアーのNoise Sentinelサービスは騒音レベルを24時間常に監視します。自治体のウェブサイト上で、興味のある人は誰でも、建設の進行状況、騒音レベル、騒音軽減の効果を見ることができます。

結果

このシステムは住民に契約者がプロジェクト期間の大半、騒音許容レベルを遵守していたことを明示しました。システムが実装された後の苦情の届け出はありませんでした。また、住民から建設的なフィードバックを受け取るようになりました。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is