Environmental stress screening (ESS)

環境ストレススクリーニング(ESS)

一般的には温度管理試験、またはShake & Bake法として知られている環境ストレススクリーニングは、熱と振動応力の組み合わせにより製品に不具合が生じないことを確認するために、振動を受けている間に高温または低温、周期的な温度の変化にさらされる試験形式です

一般的には温度管理試験、またはShake & Bake法として知られている環境ストレススクリーニングは、熱と振動応力の組み合わせにより製品に不具合が生じないことを確認するために、振動を受けている間に高温または低温、周期的な温度の変化にさらされる試験形式です。これは砂漠、高熱の製造環境、寒冷気候などの極端な条件下での動作の安定性を証明する手法です。そのような試験には、HALT(高加速寿命試験)、HASS(高加速ストレススクリーニング)があります。ESSは、極端な温度で稼働する軍事用品やその構成部品、エンジン部品や車室内アセンブリなどの自動車部品のような工業部品に一般的に用いられます。軍事用品の試験温度範囲は-55℃から125℃で、工業製品の試験温度範囲は-40℃から85℃です。

システム提案

Environmental stress screening (ESS) system overview 

環境ストレステストを実施するには、例えば熱対応してある治具と熱障壁を備えたV875を恒温槽に取り付け、ペイロードと治具だけが恒温槽内に存在するようにします。試験の種類により、加振機は垂直方向にも水平方向にも設定することができます。LASER USBコントローラはMIL-STD-810、DEF STAN 00-35を含め、規格化された試験に対応しています。