Aeroespacial - INTA

エアバス A330 MRTTの機外騒音評価

エアバス社は軍用バージョンにA330を改造した後も、騒音規制が適用されている民間空港を使用できるよう、航空機の騒音認証を更新する必要がありました。

INTA logo

エアバスA330 ジェット旅客機の軍用バージョンは騒音規制が適用されている民間空港を使用する必要があります。A330を軍用A330 MRTTに改造した後、空力を変更したため、騒音認定の更新には新たにアプローチ時の騒音測定が要求されました。ブリュエル・ケアーのサポートにより、スペイン国立航空宇宙技術研究所(INTA)は必要な測定と分析を実施しました。

課題

試験時間は短く、フライオーバー試験は高価であるため、INTAは厳しいスケジュールの中でエアバスA333 MRTTの騒音認定測定を実施しなくてはなりませんでした。INTAは欧州航空安全機関 (EASA)の認定基準を満たした精度の高いデータを、たった1度の測定で入手する必要がありました。 

ソリューション

INTAはEASAおよび国際民間航空機関(ICAO)で規定された基準と手法に則ったデータを問題なく収集、処理することができました。INTAはブリュエル・ケアーのPULSEデータ収集分析システムとマイクロホンを使用し、ブリュエル・ケアーは全認定プロセスを通してINTAのスタッフを支援しました。 

結果

A330 MRTTは現在EASAの民間認証規定を満たした、エアバスグループのもう一つの成功を収めた航空機となっています。その結果、A330 MRTTは軍用機としてだけでなく、平時には国際的な救援活動などで民間空港を使用する可能性が生まれています。

こちらのフォームを埋めてください。ブリュエル・ケアーから回答をご連絡いたします。すでにお使いの機器に関するご質問の場合は、サポートリクエストフォームからお問合せください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is