Construcción - Proyecto Crossrail

ロンドンのCrossrailプロジェクト – C501 Moorgate Shaft

C501 Moorgate Shaftプロジェクトはロンドン市内に渡って新たな鉄道網を作るCrossrailプロジェクトの一環です。ブリュエル・ケアーのウェブベースのNoise Sentinelシステムは建設騒音をモニタリングし、騒音の影響を抑えるお手伝いをします。

Kier BAM Nuttall logos

C501 Moorgate Shaftプロジェクトはロンドン市内に渡って新たな鉄道網を作るCrossrailプロジェクトの一環です。プロジェクトでは、42キロにわたる地下トンネルがロンドンの主要ビジネス街を結び、2019年全線開業の見通しです。建設騒音の影響を管理する堅牢で効果的なシステムNoise Sentinelを導入するため、ブリュエル・ケアーはプロジェクトチームと緊密に連携を取って作業しました。

課題

建設現場はCrossrail計画の中でも最も制約の多い場所の1つです。ロンドン市が規定する作業条件は、騒音の影響を抑え、作業日を通して様々な利害関係者に一定の休憩を取らせなければならない複雑なものでした。許容騒音レベルは1日の中で最大12回も変化します。プロジェクトの請負責任業者であるBAM Nuttall Kier合弁会社は、プロジェクトチームが建設を進め、地方自治体とプロジェクト発注者であるCrossrailが課す義務を果たす一方、利害関係者の優先順位を守り期待に応える必要がありました。

ソリューション

Noise Sentinelはウェブベースの騒音管理サービスで、継続的に騒音レベルを評価し、SMSや電子メールで指定した人に通知するため、定められた制限値を超えた場合は直ちに行動を起こすことができます。システムは現場周辺の主要箇所に設置された3台のリアルタイム騒音モニタリング端末で構成され、これらの端末では常時データを記録していました。4番目の端末は、建設活動がゆえに騒音超過が起こるかどうかの判断を助けるために、現場中心部に設置されました。

結果

Noise Sentinelは建設作業を推進し、費用効果も高めました。建設チームは実際の騒音の影響を理解し、制限値を破る恐れから消極的になる必要がなかったため、より多くの成果を上げることができました。チームは騒音制限値に近づくと警告を受け取り、違反が起きる前に作業を変更できることを知っているため、騒音制限沿って無事に仕事を進めることができます。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is