DISCOM

ギアテスト用 DISCOM 異音・振動検査システム

ギアテスト用DISCOM異音・振動検査システムは、ギアの完全な音響品質でのエンドオブライン検査システムです。このシステムには、検出器、データ収集ハードウェア、解析及びデータベース・ソフトウェアを含みます。

見積もり依頼

ギアテスト用 DISCOM異音・振動解析システムは、データ収集ハードウェア、解析及びデータベースソフトウェアから構成される合否判定機能付きの音響解析品質保証(QA)システムです。
システムは、ギアの合否判定を実施/判別し、不具合品は自動的に再加工や作り直しとして判別します。システムは、モジュール化されているため、生産台数や製品の複雑さに容易に対応でき(例として、検出器を追加するためのフロントエンド)、シングル及びダブル・フランクの検査が可能です。

使用事例

  • ギア用エンドオブライン合否判定検査
  • シングル、ダブルフランク検査
  • 加工機摩耗の傾向解析
  • 不具合の原因追及解析
  • 継続した品質向上

機能

  • 回転同期解析
  • 打痕及び波打ち検知
  • ジオメトリー・エラー(偏心、形状偏差、歯間スペース、その他)
  • 時間ドメイン解析
  • 統計値
  • 次数スペクトラ及びオーダートラッキング
  • 変調及びティッカー解析

システムは、パラメーターの継続的な調整、コンフィグレーションやソフトウェア設定、ハードウェアの取り付け、生産ラインでの検査構成の最適化等を確実に実施するために、ご協力のできるエンジニアの専門知識と経験へアクセスする機能も含まれます。

全てのデータはデータベースへ保存され解析が可能で、継続してテスト・パラメーターの精緻化を実施し、傾向を予測/確認、不具合の原因を取り除く事ができます。