1706型

高温対応CCLDマイクロホンプリアンプ

定電流駆動(CCLD)入力モジュールに接続して、最高125ºCにおいて音響計測を行うことができるように設計されています。

見積もり依頼

1706型 高温対応 CCLD マイクロホンプリアンプは、入力モジュールからの定電流駆動(CCLD)により、最大125 までの温度で音響計測に利用可能です。このプリアンプには1/2インチ 外部偏極型マイクロホンを接続できます。プリアンプの出力インピーダンスが低いので、延長ケーブルを長くしても問題ありません。1706型の頑丈でコンパクトな構造は、幅広い環境条件で使用できます。

使用事例 

  • 多チャンネル信号解析計測
  • 多チャンネル音響パワー計測
  • 産業機械の騒音計測

特徴

  • 最適なノイズ仕様
  • ICP® 互換
  • BNC 端子を採用し、安価なBNC ケーブルで取り回しが簡単
  • CCLD 端子へ直接接続、またはアダプタを利用してLEMO 端子へ接続
  • 出力インピーダンスが低いため、長い延長ケーブルが利用可能
  • TEDS(Transducer Electric Data Sheet)を含むIEEE 1451.1 スマート・トランスデューサ・インターフェイスをサポート
Diameter
1/2
Optimised for
CCLD
Connector at preamplifier
BNC
Connector at instrument/cable
n/a
Calibration facility
None
Polarization voltage support
No
Supply voltage
28
Max output voltage (peak)
7
Max output current (peak)
19
Frequency range
Attenuation
-0.35
Noise A-weighted, typical
4
Noise 22,4 Hz to 300 kHz, typical
15
Input impedance
1.5||0.4
TEDS UTID
1025 from serial number 2264319