Lan XI and BK Connect BATZ

BATZグループ、自動車用テスト機能を強化

OEMサプライヤーは最新の音響および振動ソリューションに投資しています

より静かな車両部品に対する顧客の要求の高まりに応えるため、自動車サプライヤーのBATZはより良い音響および振動試験のためのデータ収集ツールを試験施設に装備しました。

同社はエンジニアがペダルアセンブリの1つの騒音レベルを制御する必要があるときに新しい機器の必要性を認識しました。アセンブリはクラッチ、ブレーキ、アクセルペダルが挙げられます。ペダルアセンブリは騒音試験が最近追加されたBATZ施設で設計および製造されています。これまで試験部門は多くの種類の負荷適用試験、気候試験、その他の測定を行っていましたが、現在ではこの装置を含めることで、BATZは騒音試験も実施し始めています。

音響・振動のスペシャリストであるHottinger Brüel & Kjær(HBK)が提供するこの新しいツールには、音と振動のテスト用に、LAN XI収集ハードウェアとBK Connectデータ処理プラットフォーム、HBKマイクロホン4961-H-041型および1軸加速度計4534-B型が含まれます。音響テストを実行するために、マイクロホンはテストベンチに設置され、ペダルアセンブリは防音フード内で操作されます。ペダルは外部から手動で操作され、放出されたノイズは測定され、必要なテスト仕様に応じて、時間軸オーバーオール値、1/3オクターブスペクトル、およびいくつかの心理音響メトリックなどのツールで処理されます。 

現在、これらの測定を行うための独自のリソースが装備されているため下請け業者を回避できます。 これらのタイプのサービスはコスト削減を意味するだけでなく、アセンブリの設計と製造からエンドカスタマーへの納品までのプロセス全体をBATZがより適切にコントロールできるようにします。 

ケーススタディの全文を読む

 

HBKについて – Hottinger Brüel & Kjær

HBMとブリュエル・ケアーの2社のマーケットリーダーは、HBK – Hottinger Brüel & Kjær –として力を合わせ、テスト、測定、制御、シミュレーションの統合ソリューションを提供する世界有数のプロバイダーを形成しました。

HBK –HottingerBrüel&Kjær–はテストおよび測定製品のライフサイクル全体にわたるソリューションの完全なポートフォリオを提供し、それはセンサー、テスト、および測定の物理的な世界と、シミュレーション、モデリングソフトウェア、および分析のデジタルの世界を統合します。スケーラブルでオープンなデータ収集ハードウェア、ソフトウェア、シミュレーションエコシステムを構築することで、製品開発者は市場投入までの時間を短縮し、イノベーションを推進し、競争の激しいグローバル市場で主導権を握ることができます。

詳細については、www.hbkworld.com をご覧ください。 

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is