BK Connect Sound and vibration SW platform

BK Connect2021およびPULSE25がリリースされました。

当社の音響および振動プラットフォームは、お客様のフィードバックに基づいて強化され、測定プロセスを強化し、お客様の作業方法をサポートします。

分析ソフトウェア

BKConnect®およびPULSE™ソフトウェアプラットフォームの2021リリースを発表できることをうれしく思います。 

新しいリリースでは、次のようなハイライトにより、測定プロセスとユーザーエクスペリエンスが強化されます。 

BK Connect:

  • インドアパスバイテスト、体積速度測定、およびソースパス寄与分析用の新しいBK Connectアプリケーション
  • PULSE Data Manager(PDM)からTeamServerへのデータの自動移行が可能になりました。 
  • ハードウェアテーブルを介したマイクのREq-Xカーブ選択の選択が可能
  • データを標準処理にドラッグアンドドロップして、より柔軟な後処理を可能にします。   
  • 構造ダイナミクススイートの改善:直交座標系でないテストモデルととFEA結果のモデル相関が可能。最新バージョンをサポートするようにFEインターフェイスを更新。マルチバイト文字セットファイル名に持つFEのサポート。

PULSE:

  • フィールドパスバイ:最適化されたR51、ASEP、R138、US141、およびISO138テスト、改善されたドライバー支援および複数車両シナリオ、および追加で計算およびエクスポートされたISO 362-3タイヤノイズ補正係数(TNC)のBK Connect インドアパスバイへの簡単な統合をサポート。
  • 実稼働モード解析(OMA):OMAおよびSHMプラットフォーム全体で機能する拡大鏡機能、信号処理の新しい保存オプション、一般的なメモリ使用量と計算速度の最適化。 
  • 構造ヘルスモニタリング(SHM):自動化サービス、モーダルパラメータ履歴ビュー、損傷検出テーブル、およびドリフト解析タスクの更新。
  • アレイ音響スイート:遮音測定のスペクトル適応項がWindows®10でサポートされるようになりました。

BK Connectの新しいスタートエクスペリエンスやいくつかの重大なバグ修正など、PULSEおよびBKConnectプラットフォーム全体の一般的な機能強化を体験できます。

リリースの新機能の完全な概要については、ハイライトドキュメントをダウンロードしてください。 ハイライトBK Connect 2021 / PULSE 25.

詳細はこちら:BK Connect

以下の必要事項を入力してください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is

当社の個人情報の取り扱いにつきましては、個人情報保護方針をご確認ください。