BK Connect Sound and vibration SW platform

BK Connect 2021.1 とPULSE LabShop 25.1 リリース

ユーザーからのフィードバックに基づき、当社の音響・振動プラットフォームが強化されました。ユーザーの測定プロセスを改善し、要求される作業方法をサポートします。

BK Connect®およびPULSE™ソフトウェアプラットフォームの2021.1リリースを発表します。 新しいリリースでは、以下のハイライトを含む測定プロセスとユーザーエクスペリエンスを強化します。 

BK Connect:

  • 収録と処理のワークフローの更新:更新結果を文書化する際に時間を節約しエラーを削減するための、自動平均化処理
  • Monitorのメモリ使用量の削減および振幅スケールの定義機能の追加。収録やリアルタイム測定を行う際の全体的な安定性の向上  
  • HBM  catman .bin時間データファイルのインポート 
  • 各データセットに対して手動で選択するのではなく、凡例に一意の情報を自動的に選択するインテリジェントな凡例を実装
  • HBKとブリュエル・ケアーの加速度ピックアップの応答イコライゼーション(REq-X)のサポート
  • 新しい自己完結型BKCファイル:収録と結果をエクスポートすると、テスト、セットアップ、テスト条件、プロセスチェーンなどの情報が含まれます。 これを新しいプロジェクトにインポートすると、プロジェクトブラウザ全体を再作成し、適切なトレーサビリティを実現できます。
  • チームサーバー:インポート前に複数のデータを選択して比較が可能に。 
  • 高速ディスプレイ:3DデータのX 軸定義をサポート。
  • ジオメトリやモード テーブルを含むより多くのパネル(ウィンドウ)のドッキング解除が可能に。
  • 車両通過騒音の音源寄与解析のための新しいアプリケーションがリリースされました。このアプリケーションは、インドアパスバイ測定ソフトウェアを補完します。
    • パスバイSPC モデルは、インドアパスバイ測定と共有され、実稼働データの互換性を確保します。
    • SPC解析前にFRFマトリクスの容易なトラブルシューティングのためのFRFの検証ページ。
    • 解析精度を最大化するための、複数音源ごとのコンポーネントシーケンス。
    • SPC の結果を標準のパスバイ測定と互換性があり、かつ同等にすることを可能にするのではなく、完全なテストプランを処理する機能。
    • チーム サーバーを使用してモデルデータをインポートし、結果を共有。 
  • インドアパスバイ測定、8441-C型: 改善点と追加機能:
    • タイヤノイズ補正(TNC)は、3つの方法でサポートされるようになりました。
      • ISO 362-3 (およびUN ECE R51) に従って、規格で定義されている正しいレイアウトと形式を使用し、車両通過騒音(7788型) または他のシステムからの TNC パラメーターを使用します。
      • オーバーオールノイズ法 – 任意のタイヤを使用し、インドアパスバイと車両通過騒音の結果を組み合わせます。
      • SPCコンポーネントベースの方法 – エンジン/モーター、パワートレイン、吸気、排気など、他の主要な音源からのクロストーク除去を可能にします。
    • チームサーバー上で検索可能なTNCデータのライブラリを構築する機能。
    • TNCを記録することなく、インドアパスバイ測定結果に適用する機能。
    • 2 つの結果の比較や、補正前後の結果を簡単に切り替え。
    • 車両通過騒音、インドアパスバイ、タイヤノイズ補正からのデータの詳細な検査のための専用タスク。
    • インドアパスバイ:タコメータパルス代わりに速度プロファイルが使用可能になりました。
  • アレイ音響 8430型: 新しい PC は USB 3.0 インターフェイスのみをサポートしており、USB 2.0 カメラを使用する場合にデータ転送の問題が発生する可能性があります。 API 設定が画像設定ダイアログボックスに追加され、問題が発生した場合に最適なフレームレートを入力できるようになりました。

PULSE:

  • PULSE実稼働モード解析と構造ヘルスモニタリング:
    • 新しいプロジェクトの迅速な作成や組み込みのサンプルファイルのインポートのためのクイックアクセスメニュー。
    • 地震解析のための日本建築研究所のBRI強震記録ファイルのインポート
  • PULSE構造ヘルスモニタリング: SSI-UPCX法の固有周波数の平均と共分散の推定値に基づく新しいダメージインジケータ「Damage Indicator - Modal」。 BZ-8552 Modal Parameter Historyモジュールで利用可能。
  • Earth Moving Machinery Directive は、B&K2245サウンドレベルメータのサポートおよび多数の小さな更新
  • PULSE車両通過騒音:
    • 接続デバイスを管理し、接続状態に関するフィードバックを得るために追加された新しい Ping インジケーター。 1 秒に 1 回更新されます。
    • タイヤノイズ補正(TNC)作成ツールは、フリーローリングノイズ(一定速度/コーストダウン)とトルクインフルエンスノイズ(加速)の両方を考慮して改善され、最適化されました。 結果のスケーリングや表示など、表示に対してさまざまな機能が改善されました。
    • インドアパスバイへの読み込み用にXMLとして実装されたTNCパラメータトランスポートファイル、およびシステム間の標準化された読み込み用のExcel®ファイル(ISO 362-3で規定された形式を想定)をサポート。
    • 多数の実行を処理する場合のTNC測定の速度向上。

PULSE と BK Connect プラットフォーム全体で一般的な機能強化が行われ、いくつかの重要なバグ修正が行われます。

 

BK Connectのパンフレットをダウンロードして、モジュラー分析ソフトウェアの詳細をご覧ください!

BK Connectのパンフレットをダウンロード

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is