M1 oct 2020 bkconnect

ストリームライン化された試験とデータ処理に
おける検証

BKConnect®は、オペレーターだけでなくスペシャリストにとっても合理化されたワークフローで知られています。BK Connectの革新の背後にある重要な要素の1つは、「お気に入り」のコンセプトです。これにより、ユーザーは、表示されるものを最適化して複雑さを軽減できます。データの収録および処理にこのコンセプトを取り入れるために、受入/拒否マネジメントを導入しました。この機能自体の役割は、ユーザーが処理された結果を確認した後、測定の良否をを判断することです。これはそれ自体で有益ですが、選択された良否のそれぞれについて、「完了マネジメント」と同様に組み込んだ動作をさせることもできます。

 
 
上記の動画BK Connect2019 - Streamlined testing and validation in Data Processing」では、この自動化が実際に行われている様子をご覧いただけます。ハードウェアブラウザとモニタには収録中に重要な信号とチャンネルの状態が表示されます。録音が完了すると、
標準処理タスクが最大化され、有効にした設定に基づいて収録データのの処理結果が表示されます。処理されたデータをレビューする間、ハードウェアブラウザとモニタが最小化され、手元の結果に注意を集中することができます。 
 
結果をレビューする際には、2つの表示モードを用意しています。結果マトリクスでは、任意のセルを選択して、アドホックなワークフローで目的の結果を表示することができます。また、繰り返しテストを行う場合は、結果セレクタを使用して、あらかじめ選択を保存して結果をして表示することができます。これらのページへは、手動で移動することも、処理が完了するとBK Connectによりが自動的に移動することもできます。 
 
結果を受け入れるか拒否するかを決定すると、ハードウェアブラウザとモニタが最大化され、次の記録を開始できるようになります。すべての測定が完了したら、[完了マネジメント]チェックマークを使用して、ビューアのタスクの1つに移動したり、レポートタスクに移動したりして、1日のテストを完了させることができます。このワークフローは、タスク内での余分なナビゲーションを必要とせず、いつでも必要な情報に最適化されています。その目的は、いつでも必要な情報だけを見ることができるので、意思決定をより簡単かつ迅速に行うことができるようになっています。 

M 1 2020 10月 fig 1

これが Team Serverと組み合わされると、データの保存と共有だけでなく、テストの効率化も図れます。あとは問題を解決するだけです。
 

以下の必要事項を入力してください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is

当社の個人情報の取り扱いにつきましては、個人情報保護方針をご確認ください。