Free field mic

音圧音場型マイクロホンは、拡散音場と自由音場で性能を発揮することができるか?

測定用マイクロホンは大きく分けて3種類あり、それぞれ後述する3種類の音場のいずれかに最適化されており、適切なものを選択しないと高域特性が損なわれるため、用途に応じて最適なものを選択することが重要です。

しかし、音圧音場型マイクロホンは、状況によっては 3 つの音場すべてで使用することができます。例えば、音の伝搬方向に対して直角(90°入射)に向けて使用れば、自由音場型マイクロホンとして使用することができますが、このような場合、有効な周波数範囲は変わらないという利点があります。

残響音が存在する密閉された場所での測定には、ランダム入射測定に適応した音圧音場型マイクロホンが最適な選択肢となります。これは、音圧音場型マイクロホンのランダム入射応答が自由音場応答型マイクロホンよりも広い周波数範囲にわたって「平坦」で一定であるためです。

音圧音場型グラフ

4971-H-041型音圧音場型マイクロホンの代表的な周波数特性

 

では、音圧音場型マイクロホンは拡散音場や自由音場でも正確な測定が可能なのでしょうか?もしあなたが音圧音場型マイクロホンにしかアクセスできないのであれば、あなたが最初に考えていた以上に有用であることが分かるかもしれません。

当社の最新の 1/2インチCCLD音圧音場型マイクロホン をご覧ください。

 
Free field

自由音場

自由音場とは、音波の邪魔するものがなく自由に伝搬することができる音場のことです。これは、音波を反射する物のない空間、つまり音場を乱すものはマイクロホンだけということです。当然のことながら、理想的な自由音場を実現することは、不可能ではないにしても困難です。自由音場に近い音場は、無響室で実現したり、時間選択応答(TSR)アルゴリズムを用いてエミュレートしたりすることができます。

自由音場型マイクロホンは一般的に、例えばスピーカーや屋外の音を測定するために使用されます。

Diffuse field

拡散音場

拡散音場とは、音を良く反射する面が非常に多く、音波が全方向から同じ確率とレベルで同時に到来する音場のことです。拡散音場に近い音場は通常、硬い壁のある建物内に多くの音や騒音源が同時に存在する環境で、例えば車室内、教会内、無響状態とは似ても似つかないテストボックスの中などの音場です。 

拡散音場型マイクロホンは、ランダム入射型マイクロホンとしても知られており、信号が全方向から届いたときにフラットな応答を持つように設計されており、一般的には車室内での騒音測定や建物の音響測定に使用されます。

Pressure field

音圧音場

音圧音場とは、音場内のどの位置でも同じ大きさと位相の音圧が得られる音場のことです。音圧音場に近い音場は、人工耳のような小さな空洞(波長に比べて小さい)や、サウンドポートの非常に近いところなどです。

音圧音場型マイクロホンは、一般的に密閉された小さなカプラや風洞、フラッシュマウントでの測定に使用されています。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is