Reverberation room based sound power

音圧法音響パワー(自由音場ベース)

機械や装置からの騒音放射量は、より安全で健全な職場と環境の保護を目的に、国内、国際的な規制の対象となりつつあります

機械や装置からの騒音放射量は、より安全で健全な職場と環境の保護を目的に、国内、国際的な規制の対象となりつつあります。例えばEUで販売される掃除機から冷蔵庫に至るすべての家電製品には、音響パワー情報を含むエネルギーラベルをつけることが義務づけられています。例えば洗濯機には洗い、脱水のそれぞれでの値を記載することが必要です。

騒音申告は、購入者が市販の機械の騒音放射量を比較し、比較的騒音の少ない機械を選択する手助けとなることを目的としています。同時に、EU騒音エミッションの要求を満たす認可された製品のメーカーにとっては、低い輸入障壁で大きな市場に参入できるチャンスとなります。

三つある製品の騒音放射量を規定する主な方法の一つは、自由音場ベースの音響パワーを利用する方法で、音源を音響的に自由な空間(自由音場)に置き、音圧を測定することにより音響パワーを求めます。

システム提案

Sound pressure - free-field based sound power system overview

完全なターンキーシステムにより、関連するISO、 ECMA規格や欧州指令に準拠した原則自由音場環境での音響パワーを決定することができます。これにより、欧州指令2009/125/ECに準拠して、EUにより義務づけられている最終報告に至るまでの測定プロセスを簡略化することができます。システムはLAN-XIデータ収集ハードウェアおよび音響パワーソフトウェアで構成されるPULSEプラットフォームをベースにしています。マイクロホン、タコメータープローブ、環境補正を求めるための参照音源に加え、ケーブルなどのアクセサリーを加え、セットアップが完成します。

> Sound Power and Noise Source Identification (Video)

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is