製品、コンポーネント、サブシステムの衝撃・落下試験

製品、コンポーネント、サブシステムが落下、誘導衝撃、さらにはパイロショックに耐えられるかを試験するために、過渡衝撃試験、落下試験、衝撃試験を実施するのが一般的です。

衝撃試験を行う際には、テレビや自動車部品、白物家電などの衝撃試験を行う際には、自動車がポットホールに衝突したり、輸送中にテレビが落下したりすることを模擬するために、テレビなどの質量を100g/11m/sのような衝撃を加えます。

自動車OEM、軍用および商業用のメーカーは、衝撃試験の規格を持っています。これらは規格には、車両やコンポーネントの衝撃および落下試験用のSAE J1455、商用製品の古典的な衝撃/衝突/落下試験用のIEC 60068-2-27、IEC 60068-2-29、IEC 60068-2-31、そして軍事システムの古典的な衝撃試験および衝撃応答スペクトル(SRS)解析用のMIL-STD-810などがあります。コントローラソフトウェアを介して標準化されたテストプロファイルを保存して再利用する機能は、簡単なテスト実行をサポートします。

システムのご提案

Shock and drop testing system overview

衝撃試験には、最大変位63.5mm、最大速度1.8m/s(70.9インチ/s)のV8中荷重空冷式加振器をベースにしたシステムをお勧めします。これを制御するのは、衝撃試験ソフトウェアが直感的に迅速かつ正確に衝撃試験の記録/分析を可能なLASERUSBです。より高度な衝撃解析のために、BK Connect衝撃応答解析は、時間領域の過渡現象からSRSを計算し、過渡現象の損傷の可能性を判断します。