Aerospace industry expert talk

航空宇宙産業における振動・衝撃・音響技術

航空宇宙工学専攻

Department of Aerospace Science and Technology(DCTA)は、航空・宇宙飛行に関するブラジル国軍の研究センターです。騒音・振動試験は業務の多くの局面で重要な役割を担っており、DCTAはHBKブリュエル・ケアーの完全な計測ソリューションから恩恵を受けています。彼らは、環境試験や構造試験用の加振器、飛行試験から高度な実験室用途まで幅広く使える騒音振動センサ、多チャンネルデータ収集・分析プラットフォーム、そして幅広い騒音・振動・衝撃ソフトウェアパッケージなど、多くのHBKブリュエル・ケアーの製品を導入しています。

このビデオでは、その舞台裏をご紹介します。

  • なぜなら、航空宇宙ミッションの成功に、振動・音響が重要な意味を持つからです。。
  • DCTAのもつ印象的なHBKブリュエル・ケアーのソリューションの数々
  • 衝撃応答とモーダル解析による分離試験
  • 実稼働モーダル解析/OMAを用いたロケット点火試験
  • 振動耐久試験とOMAを用いたロケット輸送試験
  • 加振機を用いた部品試験
  • OMAによるミサイル点火試験

 


その他のHBKエキスパートトーク
エキスパートのご紹介
関連情報
I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is