Acoustical arrays rapidly produce detailed noise maps of kinds of noise sources

音源探査

エンジニアは、特定の部品に騒音の発生源をたどることで、より正確に騒音軽減目標を定めることができます。

騒音を低減する、完全に除去できない場合でも騒音を理解し最適化するのは、非常に重要です。音響専門家はブリュエル・ケアーの音源探査(NSI)装置を使用して、騒音問題を診断、可視化して、理解、解決することができます。エンジニアは、特定の部品に騒音の発生源をたどることで、より正確に騒音軽減目標を定めることができます。

Moving source beamforming

特定、軽減、最適化

ハイドロホンから最大144チャンネルの屋外用アレイに至る様々なツールを用いて騒音源、音響的なホットスポットや漏れの箇所を特定して初めて、影響の大きな副次騒音源を識別し、特徴抽出することが可能になります。このような順位づけは、全体の音響パワー放射、またはある周波数成分など特定の騒音成分を最も効率よく低減できる対策箇所を判断するのに役立ちます。騒音の低減は、全体構造から騒音源を低減、減衰、もしくは切り離すことにより実現できます。

製品開発の設計とプロトタイプ段階でNSIツールを繰り返し使用することで、製品の全体的な騒音プロファイルを最適化することができ、指定された騒音制限や規制の適切な遵守が保証されます。

色分けされた騒音マップ

計測環境が変われば、音源探査に求められる機能も変わります。航空機の客室内などでの早期の「スナップショット」測定には、できるだけ速く結果を得るために、設置しやすい機器が要求されます。ソフトウェアは、音の値を、解釈しやすい高解像度の騒音マップに色分けして表示します。補聴器のように細かく詳細な計測が求められる場合、音響ホログラフィが高解像度の結果を与え、風洞内の自動車などの大きな物体や離れて計測する場合は、ビームフォーミングが迅速に騒音の寄与を識別します。風力発電タービンや飛行中の航空機などの移動する物体は、移動音源ビームフォーミングを使用して音響的にマッピングすることが可能です。

  • 音響インテンシティマッピング

    音響インテンシティマッピングはエンジニアがNVH(Noise, Vibration and Harshness:騒音、振動、ハーシュネス)の問題に取り組む際に使われる数多くの騒音識別技術の一つです。

  • ビームフォーミング

    音源の相対音圧や音響インテンシティ寄与をマッピングするための使いやすいワンショット計測プロセスこのソリューションは、気流の外の比較的音源から離れた場所にアレイを配置するような、風洞内の自動車などの大きな対象物に最適です。

  • 音響ホログラフィ

    音源に近い位置での測定では、音響ホログラフィが迅速かつ正確に音圧、音響インテンシティその他の音場パラメータの音響マップを低周波から中周波数帯域(100 Hz~2 kHz)で提供します。

  • 球面ビームフォーミング

    キャビン内での騒音や漏れの検知に最適な球面ビームフォーミングは、あらゆる方向から到来する音の相対音圧や音響インテンシティを素早くマッピングします。

  • アコースティックカメラを使用したリアルタイム音源探査

    主に航空宇宙、自動車産業での使用を想定して設計されたPULSE Reflexアコースティックカメラは、ほとんどの音響環境でリアルタイムに騒音源を識別できる汎用性の高い完全なハンドヘルドシステムです。

  • 風洞試験 – 車両

    音響現象の原因特定の方法は数多くありますが、多くの場合、現象が発生する条件に左右されます。

  • 風洞音響試験 – 航空宇宙

    騒音放射の削減は航空機メーカーにとって重要な技術で、より静粛な航空機設計に役立てるための様々な解析、実証、数値化ツールが存在します。

  • ランプノイズ試験

    ランプノイズは規格化された地上での音響測定で、駐機した航空機上で騒音の影響を詳細に測定します。ランプノイズ試験はメンテナンス作業担当者や航空機に乗り降りする乗客の騒音暴露を評価、低減します。

  • 飛行認証

    世界的に航空機の利用が増加するにつれ、空港周辺の騒音に対する懸念も高まっています。

  • フライオーバー音源探査

    飛行中の航空機の騒音源マッピングのために、ブリュエル・ケアーのフライオーバービームフォーミングソフトウェアは個々のエンジンや機体の騒音源を追跡します。

  • 固定エンジン騒音認証

    固定航空機エンジン騒音地上試験は、エンジンの地上静止騒音の測定のために実施されます。

  • 水中の音響測距

    音の検出、識別技術は絶えず進歩、洗練されています。これらの技術の進化に伴い、音響ステルス戦略も進化が求められます。

  • 自己騒音モニタリングシステム(SNMS)

    ブリュエル・ケアーの自己騒音モニタリングシステム(SNMS)は音響シグネチャの管理が重要となる潜水艦および水上艦艇の振動騒音モニタリング用に半永久的に設置される統合されたソリューションです。