LDS v8900 novares

ノヴァレス研究所

ノヴァレスグループは、HBKの振動試験システム「V8900 HBT1220」を使って、現在の危機を乗り越え、未来に目を向けています。

ノヴァレスのテストラボ

 

挑戦


プラスチックは多くの自動車部品に使われています。ノヴァレスの技術陣の目標は、部品の早期摩耗や破損を防ぎ、騒音を低減するために、プラスチック部品に作用する振動や、負荷が増加した際の騒音放射を測定することです。このため、ノヴァレス社は、比較的高いレベルの振動にも長時間の試験に耐え、異なる温度での振動の影響を測定できる振動試験システムを探していました。


ソリューション


HBKの検証は成功裏に終わり、ノヴァレスはHBKのLDS V8900 HBT1220シェーカーを選択しました。


結果


HBKはノヴェレスの試験条件を検討し、ノヴェレスが現在行っている試験と将来的に行う試験を幅広く実施できるV8900加振機という最適な解決策を提案することが出来ました。

イノベーション・ファースト!ノヴァレスグループは、自動車産業向けのプラスチックソリューションを提供するサプライヤーで、イノベーションを原動力としています-社名にも反映されているように。同社は「私たちはマルチ・スペシャリスト・サプライヤーです」という素晴らしいフレーズで、自らを定義しています。

2017年、メカプラストとキープラスチックは合併して、ノヴァレスとリブランドされました。現在、ノヴァレスは全世界に42の生産工場、8つのテクニカルセンター、8つのセンター・オブ・エクセレンスを持ち、自動車用プラスチックの複雑な分野における拡大と革新に強く焦点を当てています。例えば、ノヴァレスはフランスの水素業界団体に加盟し、同業界の他のステークホルダーと協業する機会を得ました。

また、「Novares Startup Program」では、グリーンモビリティ、自動車のユーザーインターフェース、自動車の安全性や快適性に関連する領域で、スタートアップ企業や若手企業が大手企業と協業することを可能にしています。

レンズセンター・オブ・エクセレンスの技術チームは、新しい振動音響プロジェクトを立ち上げ、その仕様をHBKテクニカルセールスエンジニアのBruno Durandに提出しました。ブルーノは、このプロジェクトを調整し、その進捗を細かくチェックしました。技術面では、ブルーノはHBK振動エクスパートのベルトラン・フーラールのサポートを受けました。HBKチームは、自動車研究への関与、アプリケーション(プラスチック変形、電気バッテリ電流測定など)への知識、振動音響分野での専門知識により、ノヴァレス社の動電加振機としてすぐにその地位を確立しました。

ノヴァレスのテスト要件を確立

このようなプロジェクトでは、当時まだ建設中であった特別設計の建物に新しい機器を設置するために、技術部門への事前訪問を含め、多くの話し合いと現場訪問が必要です。プラスチック業界の新しい要求に応えるため、レンズノヴァレス社研究所責任者であるデュフール氏と綿密な打ち合わせを行いました。

デュフール氏はプラスチックの問題を説明してくれました。 

「自動車業界の近い将来使用される材料の基準となると、プラスチックは質量増加の抑制と柔軟性の観点から、プラスチックが依然として基準素材であることに変わりはありません。最終的に特性が変化しやすく、リサイクル経路が弱すぎるリサイクル材が含まれているため、最終製品はリサイクル可能でなければらないということがすでに課題となっています。プラスチックは、ますます厳しくなる成形要件と、性能向上のために一般的になりつつある小排気量の3気筒エンジンの高いボンネット内温度に耐えなければなりません」とデュフール氏は言い、さらにこう続けた。

"レンズ・センター・オブ・エクセレンス "では、この素材の性能向上に常に取り組んでおり、例えば、エンジンヘッドカバーには、さらに高性能な油と空気の分離システム(デカンタ)を組み込んでいます。プラスチックは今でも軽い素材ですが、それが受ける振動プロファイルもエンジンの大きさに合わせて進化しており、部品の早期摩耗や破損を避けるためにさらに厳密な設計が必要になってきています。また、自動車は振動によるストレスが大きくなる一方で静粛性が求められており、プラスチックは騒音低減に対して大きな役割を担っています。 HBKは、これらの条件をすべて受け入れ、私たちの現在および将来の試験、すなわち電気および水素エンジンの進化に向けた非常に幅広い試験を実施することができる加振機を用いて、最善の解決策を導いてくれました。" 

  • 現在の仕様では、比較的高い加速度での試験や、数百時間にも及ぶ非日常的な試験などが行われています。このように長時間使用する加振機には、信頼性と定期的なメンテナンスが求められるため、ソリューションの選択にあたっては、この点が重要なポイントとなりました。HBKの柔軟で適応性の高いメンテナンスプランは、ノヴァレスの要件に完全に適合しました。ノヴァレスが実施したテストは以下の通りです:
    最終的な使用環境を想定した支持体に直接部品を固定し、個々の部品の振動試験を実施。
  • 単体のスリップテーブルHBT1220を必要とする大型のシステム全体の試験 - 試験対象製品の横方向の反力によって発生する転倒モーメントに非常に強い静圧軸受を備えた水平テーブルを備えた統合コンボシステムこのタイプのテーブルは質量が大きいため、強力な加振機が必要ですが、V8900の90kNのパワーに完全に適合しています

振動の影響に加え、プラスチックは温度によって挙動が異なるため、振動試験の多くは恒温槽で行われます。V8900システムとそのスリップテーブルは、市販されているさまざまな恒温槽に簡単に適応できるように最適化されています。
 

環境試験と組み合わせた振動試験は、実環境を最もよく表している試験の一つであり、試験した製品を理解するためにすぐに結果を出せるという点で最も効果的です。

LDS V8900

V8900加振機は、LDS加振機シリーズで最もパワフルな空冷式シェーカーで、自動車および航空宇宙産業のニーズに合わせて特別に設計された機能を備えています。

ノヴァレスのニーズをカバーするハイライトには、次のものがあります。

  • 正弦波モードで80,000ニュートン、ランダムモードで76,200ニュートンの加振力を発生
  • 空冷式なので、高価で複雑な水冷システムは不要
  • 101.6 mm (4インチ)の変位と、このサイズの加振器としては高い周波数範囲(最大3 kHz)により、最も厳しい衝撃試験やサインモード試験に対応可能
  • 800kgまでの試験体重量に対応する転倒耐性モーメント。これは横方向の大きな力が発生しても、加振機駆動コイルと水平テーブルがしっかりと支えることができ、多くのアプリケーションにおいてその強度がを証明されています。

景気回復が見込まれる中、ノヴァレスグループは、プラスチックとその誘導体という魅力的な分野で、研究成果の検証を続けるための理想的なツールを手に入れることができたのです。

ノヴァレスは、未来の自動車産業に貢献する複雑な部品やシステムを設計・製造する、グローバルなプラスチックソリューションプロバイダーです。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is