LDS V8750

中型加振機

電気自動車やハイブリッド車のバッテリーなど、標準で最大600 kg(1323 lb)の中規模から大規模質量に対する振動および機械的衝撃試験の研究開発および製造時に使用される空冷式動電型加振機 .。ピーク正弦力定格は35.6kN(8000 lbf)です。

見積もり依頼

LDS®V8750振動試験装置は、LDS V875LSの長年の信頼性を継承しながらも、卓越した衝撃性能、エネルギー消費の節約、直感的なユーザーインターフェイス、予防保守システムの診断、LDSの誘導センタリングシステム(ICS)により、お客様の試験を新次元に引き上げます。 

LDS®V8750シリーズ振動試験装置システムは、研究開発における正弦波、ランダム、または過渡励起による振動および機械的衝撃試験、ならびに航空宇宙、自動車、輸送および包装業界での生産に最適です。 これは、高衝撃試験、一般的な負荷試験、製品認定、およびパッケージング試験に適しています。

シナリオを使用する

特徴

LDS V8750は、交換可能な2種の可動部、V8750-440とV8750-640で利用でき、テストや試験体質量に応じて簡単に最適化できるため、比類のない柔軟性を提供します。 

新しい空冷中型加振機用設計により、LDS V8750 + XPA-Kシステムは、厳しい衝撃試験仕様(たとえば、150 g 0.5 ms、150 g 6 ms、100 g 11 ms、100 g 6 ms)を。 、50 g 11msおよび50g 6 ms)を標準製品構成で行うことが可能となっています。(試験体質量に依存します) 

加振機には、ほこりや熱などの環境条件の影響を受けない、非接触で非光学的なInductive Centring System(ICS)が付属しています。 これにより、加振機は可動部の位置ドリフトを引き起こす可能性のある変数の影響を受けなくなり、定期校正やセンサーのメンテナンスが不要になります。

LDS V8750 + XPA-Kシステムは、システム設定を自動的に調整してテストに必要な消費電力を削減するエネルギー消費モード(COOLモード)も備えています。 さらに、このシステムは、ファンなしでシェーカーを低電力で操作することによってノイズを低減するオプションを提供します(QUIETモード)。 これらの機能はすべて、XPA-Kアンプの直感的なユーザーインターフェイスを介して簡単にon/offが可能です。

最後に、このシステムには、システム状態を継続的に監視するセンサーが装備されています。 このデータは、アンプのタッチスクリーンインターフェースを介してユーザーがリアルタイムで利用できます。 予防保守と障害検出をサポートするために、このデータはその後の分析のためにパワーアンプに保存されます。

追加機能

V8750加振機には、特定のニーズを満たすためにいくつかのオプションを取り付けることができます。例えば、ボディ回転ギアボックス(標準)を備えた空気ばね除振付きのトラニオンや水平および垂直、二方向の振動試験が可能となるオイルフィルム支持によ水平テーブル、環境試験槽用ベースマウントなどを準備しております。 さまざまな種類のガイド付きおよびガイドなしの垂直テーブルを標準品として準備しております。

さらに、LDS V8750は、AGREEチャンバーを含む環境試験装置と互換性があります。 これらの試験中、試験装置を高温から保護するための遮熱材を利用できます。 試験体のサイズと質量に応じて、ヘッドエキスパンダーを追加して取り付け面を増やし、より大きなデバイスを安全かつ快適にテスト用に固定することもできます。

Sine force peak
35.6 kN
Max random force RMS
35.6 kN
Max acceleration sine peak
112 g
Velocity sine peak
2.5 m/s
Displacement continous pk-pk
76.3 mm
Moving element mass
32.9 kg
Usable frequency range
DC – 3 kHz