Sound intensity based sound power system overview

音響インテンシティ法音響パワー

従来、音響パワーを測定するには騒音源を無響室や残響室のような特別な部屋に置く必要がありました。

従来、音響パワーを測定するには騒音源を無響室や残響室のような特別な部屋に置く必要がありました。しかし、音響インテンィティは任意の音場で音源を測定できるため、音響パワーを直接測定することができます。また、安定した暗騒音は閉空間に渡って測定したインテンシティから求まる音響パワーに影響を与えないため、それぞれが騒音を発していても個々の機械またはコンポーネントの測定が可能です。音響インテンシティは大きさだけでなく向きも測定できるため、音源位置の特定にも非常に役立ちます。そのため、複雑に振動する機械の放射パターンを現場で調査することも可能です。

システム提案

Sound intensity based sound power system overview

7882型 PULSE 音響インテンシティ法音響パワーソフトウェアは、ISO 9614第1部、2部、3部に準拠した専用のテンプレートを用いて音響パワーを測定、保存し、レポートを作成することができます。上記の三つの規格で要求されるハードウェアは同じです。選択した規格の要求を満たすために、専用のPULSEテンプレートは、タスクリストによってユーザーを必要な手順でガイドします。タスクリストは規格間の類似点を反映しており、直感的なインターフェースになっています。

2270型 2chハンドヘルドアナライザ(騒音計機能つき)、BZ-7233 音響インテンシティソフトウェア、3654型 音響インテンシティプローブキットで構成される、ポータブルなハンドヘルド音響インテンシティアナライザシステムも使用できます。 

Sound power with hand-held sound intensity system

以下の必要事項を入力してください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is

当社の個人情報の取り扱いにつきましては、個人情報保護方針をご確認ください。