Ruido de pass-by de vehículos

車両パスバイ騒音

車両の総合的な音響特性を判断するには、車の走行時に計測をする必要があります。たとえば、車が固定してあるマイクロホンの前を通過する時に測定するなどです。

走行している車両の車外音は車の特性の一部であり、その魅力としても欠かせません。しかし数千台の乗用車やトラックが集まれば、その交通騒音はかなりの大きさになります。環境騒音低減のため、政府機関は車両のタイプごとにパスバイ騒音の制限を設定しており、遵守されねばならない重要な規制です。

音響的な特性評価

車の総合的な音響シグネチャの特性を判断するには、車の走行中、車が静止しているマイクロホンの前を通過する時に測定することが必要です。車両の実際の使用を最も正確に反映する状況で車両騒音を測定するために、測定規格で騒音の測定方法を規定しています。トラック、自動車、オートバイなどの車両用の方法では、試験車両が全開加速、全速力で加速する正確な位置を指定しています。同様に航空機認定試験には離陸、着陸時の騒音の測定が必要となります。

パスバイ騒音の進展

この分野は標準化が強力に進んでいるため、最新のパスバイ試験の進展を把握しておくことが重要です。一つの良い例がASEP(Additional Sound Emission Provisions)で、この規定で車両試験が増加し、計算が大幅に複雑になっています。別の例としてインドアパスバイがありますが、これはテストコースの貴重な時間の節約になりますが、専用の測定規格に従う必要があります。ブリュエル・ケアーのソフトウェアは、お客様の業界に関連する規格が要求する試験手順に沿ってガイドします。

以下の必要事項を入力してください。

I would like to
My name is
I am from
My Company is
My phone no. is
My email is

当社の個人情報の取り扱いにつきましては、個人情報保護方針をご確認ください。