Hardware de adquisición de datos LAN-XI

LAN-XIデータ収集ハードウェア

当社のモジュラー分析プラットフォームは、他に類を見ないダイナミックレンジとポータブルなシステムから1000チャンネル以上の構成が可能な柔軟なフロントエンドを提供します。

LAN-XIモジュールは1台から機能し、電源にバッテリーを使用して、最大12チャンネルの小型で堅牢なシステムを構築できます。様々な種類のフロント入力パネルを取り付けて、選択したトランスデューサを接続することができます。各コネクタの周りには、円形のLEDがあり、チャンネルの使用状況と健全状態を一目で把握できます。これはLED画面にバックアップされます。主な機能であるDyn-X技術は、デュアルA/Dコンバータを使用するため入力レンジ調節を行う必要がなくなり、一回でデータを取得できるようになります。さらに、160 dB以上の実効ダイナミックレンジを実現できます。

LAN-XIシステム

すべての入力および出力モジュールは、5または11スロットのフレームに搭載可能で、フレームの電力はバッテリモジュールから供給することもできます。複数のフレームの接続も容易で、1000チャンネル以上のシステムを短時間で構築することができます。

さらに、大規模な測定対象物の場合、その周囲にモジュールを分散させることができるので、トランスデューサケーブルを短くし、騒音やケーブルの混乱を避けることができます。モジュールはイーサネットケーブルを介して電源を供給し(PoE)、単一のケーブルのみで接続できるため、飛行騒音認証試験、地上振動試験(GVT)、自動車パスバイテスト、船舶の自己騒音監視など大規模な測定に理想的な分散システムを構築します。

LAN-XIについての詳細情報

リアルタイム分析またはデータ記録を提供するプラグアンドプレイプラットフォームの中心的な機能は多様性と柔軟性です 。小規模の測定にはモジュールを簡単に取り外してシステムを分割できます。また、大規模なテストが必要な場合は、異なる部門のモジュールとシステムを組み合わせることができます。用途が変更された場合(より速いデータサンプリングレートまたはブリッジトランスデューサが必要になった場合など)、非常に簡単に新しい用途に合うモジュールを追加できます。また、故障が発生した場合、システムの大半を保持しつつ単一のモジュールまたはフロント入力コネクタパネルを簡単に取り外すことができます。

選択された機能

  • IEEE 1588v2 Precision Time Protocol(PTP)およびGPS時間同期による全チャンネル間のサンプル同期位相整合
  • マイクロホン電荷注入校正(CIC)などの配線エラーを検出するための広範な自動チェック
  • 無制限のデータ帯域幅
  • 6チャンネル、12チャンネルのケーブルによる簡単なマルチチャネル接続、および132チャンネル高速接続オプション
  • トランスデューサ電子データシート(TEDS)IEEE 1451.4を備えたトランスデューサからのデータを自動的に読み込みます

追加機能

詳細については、Product Dataをダウンロードしてください。